高島易断の2022年七赤金星の運勢は。月別の吉・凶方位と運勢指針

高島易断の2022年七赤金星の運勢 高島易断の2022年運勢
スポンサーリンク

◆高島易断による七赤金星の運勢を知りたい!
◆2022年の吉方位・凶方位は?
◆七赤金星の月別の運勢が気になる!

高島易の気学による運勢の流れを知り、毎日の生活に役立てることで、良い運気を引き寄せていくことができます。

また、引っ越しや結婚、家の建築などの人生の節目で、高島易による暦を参考にすることで、幸せな人生をつかめるのです。

そこで本記事では、七赤金星の方に対して、2022年の高島易断の運勢をお伝えします。

本記事を読むことで、今年の運勢の流れがわかり、厄災を避けて良い運気の流れに乗ることができますよ。

▼七赤金星の生まれ年

  • 2歳【令和2年/2020年生まれ】
  • 11歳【平成23年/2011年生まれ】
  • 20歳【平成14年/2002年生まれ】
  • 29歳【平成5年/1993年生まれ】
  • 38歳【昭和59年/1984年生まれ】
  • 47歳【昭和50年/1975年生まれ】
  • 56歳【昭和41年/1966年生まれ】
  • 65歳【昭和32年/1957年生まれ】
スポンサーリンク

高島易断の2022年七赤金星の全体運

回座 兌宮
吉方 (壬子癸)・東北(丑午寅)・南西(未坤)・北西(戌乾亥)
凶方
本命殺 西
本命的殺
五黄殺 なし
暗剣殺 なし
相克の凶方 東・東南・南
歳破
〇「歓楽運」無用(むよう)の用(よう)を知るなきなり

高島易によると、2022年の七赤金星は、実りの年に入りますので、精神的・身体的に充実した日々を過ごせます。

ただし、気を緩め過ぎるとこれまでに築き上げてきたものを失う可能性がありますので、慎重に行動する事が肝心です。

人間関係では、気の合う友人や家族と外出する機会が増えていきます。気持ちも若返っていくので、イキイキと元気に過ごせます。

仕事面では、普段から持ち合わせている積極性を前面に押し出していき、人脈を広げていくことで、大きな成功を収めることが出来るでしょう。

金銭面では、生活必需品や家電などの出費が増えていく懸念があります。

家計のやりくりをしっかりと学び、もしもの時に備えていくことが肝心です。

健康面では、穏やかな気持ちでストレスなく過ごせますが、人前へ出ることが増えますので、口内環境を清潔に保つことを心がけて下さい。

スポンサーリンク

【2022年前半】高島易断の七赤金星「月別」の運勢

高島易断による七赤金星の2022年前半の運勢を、月別にお伝えしていきます。

月ごとの吉・凶方位も掲載していますので、旅行や買い物、引っ越しなどのイベントの参考にしてください。

1月の七赤金星の吉・凶方位と運勢指針

七赤金星の1月は、新年から好調の波に乗れます。

何事もしっかり計画を立てていき、「始めよければ終わりよし」にしましょう。

人間関係では、悪縁が断ち切れていき過去の嫌な事が清算され、再出発する新たな気持ちが湧き出てきます。

良い運気の波に乗り、今年の目標を定めて、突き進んでいきましょう。

吉方 なし
凶方
本命殺
本命的殺
五黄殺 西
暗剣殺
相克の凶方 西南・西北
月破

2月の七赤金星の吉・凶方位と運勢

七赤金星の2月は、不用意な発言が自身の災難を招いてきますので、言葉を口に出す時は、しっかりと選ぶことが肝心です。

金銭面では、想定外の出費により、お金が流れていくことが懸念されます。

必要経費や、生活費の見直しをしていくことが肝心です。

健康面では、疲労感やストレスから体調を崩しやすくなるので、睡眠をしっかりと取り、食事の栄養バランスにも気をつけるようにしてください。

吉方 なし
凶方
本命殺
本命的殺
五黄殺 東北
暗剣殺 西南
相克の凶方 東・西・西北
月破

3月の七赤金星の吉・凶方位と運勢

七赤金星の3月は、改めて家族や友人のありがたさを感じることができ、感謝の気持ちが高まっていきます。

イライラすることが減り、ストレスを感じにくくなりますので、穏やかに日々を過ごせます。

また、他者に対しても思いやりの気持ちがあふれていき、人間関係が良好となるでしょう。

仕事では、日頃から勤勉さが認められていき、目上の人からの引き立てや、職場や社内外での信頼関係を築いていけます。

吉方 北西(戌乾亥)
凶方
本命殺 西南
本命的殺 東北
五黄殺
暗剣殺
相克の凶方 東北・東南・西
月破

4月の七赤金星の吉・凶方位と運勢

七赤金星の4月は、困難と感じる壁が立ちふさがっても、粘り強さと強い精神力を頼りに、日頃の努力の積み重ねで乗り越えていきましょう。

一度壁を乗り越えることで、良い運気の波に乗ることができ、さらに運勢が上昇していきます。

また、新しく習い事を始めたり、資格取得を目指していくことで、明るい未来が見えてくるでしょう。

「時は金なり」をいつも心に留めておき、お金と時間の両方を大切にしてください。

吉方 南西(未坤) 北西(戌乾亥)
凶方
本命殺
本命的殺 西
五黄殺
暗剣殺
相克の凶方 東北・南
月破

5月の七赤金星の吉・凶方位と運勢

七赤金星の5月は、友人から食事や遊びの誘いが多くなります。

交際費を削る必要はありませんが、家計に穴を空けないように、出費の上限額をあらかじめ決めるようにして下さい。

持ち前の明るさを発揮していき、人脈を広げていくことで、仕事や生活を良くするヒントを得ることができます。

また交際関係から、仕事や商取引について良い話が出ていき、高い利益を収めることができるでしょう。

吉方 なし
凶方
本命殺 東南
本命的殺 西北
五黄殺 西南
暗剣殺 東北
相克の凶方 北・南・西北
月破

6月の七赤金星の吉・凶方位と運勢

七赤金星にとって本月は、何事もひとりで抱えることないように、トラブルが起きたら周囲にすぐ相談するようにしてください。

周囲の協力により、何かトラブルが起きても、迅速に対応することができます。

また、その場の感情に流されないようにして、冷静に物事を見つめ直すことで、理性を失わないことが肝心です。

健康面については、自身の身体に自信があっても、体に少しでも違和感を感じたら、無理をせずに早めにかかりつけ医に足を運んで下さい。

吉方 東北(子丑寅) 北西(戌乾亥)
凶方
本命殺 なし
本命的殺 なし
五黄殺
暗剣殺 西
相克の凶方 北・西南・西
歳破
スポンサーリンク

高島易断による七赤金星の運命診断

七赤金星の人は、幼少期に親子関係で苦労するケースか、富裕層の家に生まれるかのどちらかです。

前者は、他の人の援助を受けて出世していきますが、後者はわがままで贅沢の味を知らないことで、全般的な運勢がマイナスになります。

以下から、七赤金星の人生の幸運期と金運をそれぞれお伝えしていきます。

七赤金星の幸運期

七赤金星の運気は、平均すると、43歳頃から運気が向上していき、晩年に近づくほど金運が上昇していきます。

一般的に波乱が多い30代の運勢は、比較的安定します。

生涯における三代幸運期は、52歳から55歳頃までと、61歳頃から64歳頃、そして72歳頃から73歳頃となります。

若いうちは、生き急ぎ過ぎないで、実力者や目上の人に使えて、世間の信用を得ることに注力すると良いでしょう。

七赤金星の金運

七赤金星の人は、一生を通じて金銭に不自由しない運勢を持ちます。

お金を持っても、さらに入ってきますが、浪費癖をあると、大金には縁が薄い人生になります。

少しでも貯蓄の計画を立てていけば、晩年には大きな財を築くことができるでしょう。

スポンサーリンク

七赤金星の性格診断

七赤は、「喜びの星」とされる星です。

七赤金星の人は、人より活発的に動き、陽気で開放的な性格の持ち主が多いです。

順応性や適応性に富んでいるので、社交範囲が広く、周囲からの受けの良い社交派でもあります。

しかしうぬぼれが過ぎると、自分に対して甘い一方で、他人に厳しくなりがちです。

また何事も器用にこなすマルチタイプですが、飽きっぽくて、最後の詰めが甘い所が見られます。

派手なことを好み、気分によっては散財してしまうので、有限実行を心がけ、堅実財政を維持するように努めましょう。

スポンサーリンク

高島易断による七赤金星の恋愛運

七赤金星の人は、人生だけでなく恋愛に対しても享楽的です。

話題が豊富で、人を喜ばせることも得意なので、異性に好かれやすい特徴を多く持っています。

社交範囲も広いので、結婚は恋愛結婚で、早婚型です。

しかし結婚は、1回で終わらない人も多いのが、七赤金星の特徴となります。

スポンサーリンク

高島易断による七赤金星の仕事運・適職

七赤金星の人は、頭の回転が早く、気配りもできますので、若い頃から目上の人からの引き立てがあります。

交際範囲が広く、新しい情報をキャッチする能力にも長けているので、異なる業界の情報にもアンテナを立てておきましょう。

直接は関係がない情報でも、意外な場面において、役立てることができます。

▼【七赤金星の適職】▼
タレント・ミュージシャン・コピーライター・飲食店経営者・栄養士・税理士・歯科医・銀行員・デザイナー・イラストレーターなど
スポンサーリンク

まとめ

本ページでは、七赤金星の方に向けて、2022年の高島易断による運勢を中心にお伝えしてきました。

2022年の全体運を知ることも大切ですが、月によって運勢や吉・凶方位も変わりますので、毎月チェックするのが肝心です。

高島易の気学を参考に、運勢の流れを知ることで、本年を幸せで幸福な年にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました